カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS

山中漆器のルーツ

山中漆器は、石川県加賀市山中温泉の大聖寺川源流の真砂
(まなご)町(現在廃村)が発祥の地といわれています。

永禄2年(1559年)の越前朝倉氏から下された免許状と、天正
8年(1580年)正親町(おおぎまち)天皇から賜った綸旨(りんじ
…天皇の意向が書かれた文書)の写しが残っています。

真砂村の木地師は、トチやケヤキなど良材を求めて深山に入り
轆轤(ろくろ)でお椀、お盆などを作り。。。原木が尽きるとほかの
山にうつる生活をしていたようです。

ですから、原木伐採の自由を求めた綸旨や諸役免除と商いを
認めた免許状は、彼らにとってきわめて大事な文書であったようです。

さて真砂に伝わった轆轤(ろくろ)技術は、江戸時代の初め頃には、
すでに九谷の村にも伝わっていたことが、最近の九谷での発掘
調査で作りかけのお椀が出土したことから確認されました。

元禄時代には、山中温泉まで轆轤(ろくろ)技術が伝わり、湯治
客への直売も行われました。

さらに蒔絵の技術も加わり漆器の特産地としての地位を固めま
した。

明治になると海外へ輸出するようにもなりました。

その後、山中漆器は問屋制度により急速に発展しました。

            いい花さがそ 夢さがそ 北陸山中温泉より

山中漆器が出来るまで

1.竪木による木取り

お椀の仕上がり寸法より3〜6mm高く製材し、おなじく9mm以上大きく輪を描いて8角から12角に角を取ったもの


山中漆器 2.荒挽き

2.荒挽き

1.の前切り材を轆轤にかけて、内径・外径ともに仕上がり寸法より6〜9mm余分にして乾燥しやすい型に造る。この後、水分が12%程度までに乾燥させ、50〜60日間養生させる。これは木の動きを止めるための重要な工程です。


山中漆器 3.中荒挽き

3.中荒挽き

養生させた材料を更に水分を10%くらいまで乾燥させ、内外とも3mm位の余裕をもって中荒挽きを行い、再び30〜50日間養生させます。こうすることにより材料は空気中の乾漆による膨張、収縮が殆ど停止した状態になります。


4.仕上げ挽き

4.仕上げ挽き

最初に外側を寸法通りに仕上げ、次に蓋の寸法型を使い内径を決め仕上げ挽きをします。


5.木地固め

5.木地固め

水分の少ない透素黒目漆を揮発油でのばして刷毛塗りすることにより、木地の木目の中まで漆を吸わせて木地繊維を締め固め、木地の狂いを防止します。木地の凹部にへらで錆をこき入れ目止めをします。


6.布着せ

6.布着せ

乾燥後、木地の狂いやヤセを防ぐとともに使用中の強度が要求される高台部分や縁部分に麻布を糊漆で貼り、補強します。


7布ざらえ

7.布ざらえ、布磨き

乾燥後、布の角や重なり部分、ケバ立ちなどを刃物で落とし平滑に布をそろえた後、糊漆や麻布の高低を無くすために荒砥石やペーパーで布面を空研ぎする。


8.惣身付け、惣身付け磨き

8.惣身付け、惣身付磨き

目摺りした部分と布磨きした部分の段差をなくすため、布と木地総体に檜箆で糊漆・欅粉を練り合わせたものをつける。乾燥後、木地全体をペーパーで平滑に研ぐ。 


9.ニ辺地付け

9.二辺地付け

荒い地の粉・糊漆でよく練った二辺地を檜箆で木地全体にむらなくつける。


10
10.ニ辺地研ぎ

10.二辺地研ぎ

乾燥後、荒砥石で水をつけずに空研ぎし、平滑にする。


11
11.三辺地付け、三辺地研ぎ

11.三辺地付け、研ぎ

二辺地より細かい地の粉・糊漆をよく練った三辺地を檜箆でつけ、乾燥後やや細かめの砥石で空研ぎし、清水でよく拭き取る。


12
12.さび地付け

12.錆地付け

砥の粉を生漆でよく練った錆地を檜箆で、全体に均一に薄く滑らかにつける。


13
13.さび地水研ぎ

13.錆地付水研ぎ

箆による段差を無くし、全体が平滑になるように砥石で水研ぎし、よく拭き取る。


14
14.中塗り

14.下塗り、中塗り

薄い下塗り、研ぎの後、黒素黒目漆を中塗り刷毛で全面に薄く塗布し上塗り面を平滑にするととともに、地質を細かにする。


15
15.中塗り研ぎ

15.中研ぎ

乾燥後、上塗り漆の密着をよくするために駿河炭を用いて平滑に研ぐ。見付け部分は十文字に研ぐ。


16
16.上塗り

16.上塗り

乾燥後、上塗漆(粒子をこまかくするために和紙により数回漉した漆)を用いて、ほこり、塗りむら、刷毛目に注意して塗り上げ、回転風呂により乾燥させる。


17
17.蒔絵、置き目

17.蒔絵 -置き目

美濃紙に書いた下絵を石黄、焼漆でなぞり漆器面に写し取る。


18
18.蒔絵完成

18.蒔絵 - 完成

漆で文様を描き、金銀粉を蒔き更に加工研磨して蒔絵を仕上げる。


参考資料 山中漆器連合協同組合
盃洗
山中漆器連合協同組合のページへ




山中漆器の特徴

・ 縦木取り(縦木取り)

   山中漆器 1.木取り

写真のように、木を輪切りに製材して真中の芯の部分を除いて
お椀、お盆、皿などを作ります。
木の年輪にそって木地を取って行く方法です。
木の繊維は、垂直に通っているので縦木取り(たてきどり)で取った木地は、
細いものや薄いものを作っても丈夫です。

  欅 はそり汁椀 拭き漆/国産/木製/漆塗り

このように木の繊維(木目)が縦に入るのが縦木取りの汁椀の特徴です。薄くても丈夫なのが特徴です。

・ 加飾挽き(かしょくびき)

轆轤(ろくろ)を回転させながら鉋(かんな)をあてて彫った模様のことです。

彫られた筋(溝)の形状によっていろいろな名前が付けられております。

欅 平筋カップ 拭き漆  千筋

これは、平筋と呼んでます。     こちらは千筋

ほか、糸目挽き、ビビリ筋、稲穂、菊筋、乱筋、荒筋・・・・など〜

・ 美しい木目(拭き漆、すり漆)

山中漆器は、基本的にその木の持つ美しさ、木目を生かすために
漆には、色を付けず生漆(きうるし・なまうるし)のまま塗っています。
艶が出るまで何度も塗っては、拭いて(摺りこんで)又塗っては、
拭いて。。。を繰り返し艶を出して行きます。

出来上がった当初は、拭き漆もちょっと黒っぽいのですが
時間がたつにつれ、透明度が増して木の色になって行きます。

この変化もお楽しみいただけるひとつかと思います。