カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS

山中漆器のルーツ

山中漆器は、石川県加賀市山中温泉の大聖寺川源流の真砂
(まなご)町(現在廃村)が発祥の地といわれています。

永禄2年(1559年)の越前朝倉氏から下された免許状と、天正
8年(1580年)正親町(おおぎまち)天皇から賜った綸旨(りんじ
…天皇の意向が書かれた文書)の写しが残っています。

真砂村の木地師は、トチやケヤキなど良材を求めて深山に入り
轆轤(ろくろ)でお椀、お盆などを作り。。。原木が尽きるとほかの
山にうつる生活をしていたようです。

ですから、原木伐採の自由を求めた綸旨や諸役免除と商いを
認めた免許状は、彼らにとってきわめて大事な文書であったようです。

さて真砂に伝わった轆轤(ろくろ)技術は、江戸時代の初め頃には、
すでに九谷の村にも伝わっていたことが、最近の九谷での発掘
調査で作りかけのお椀が出土したことから確認されました。

元禄時代には、山中温泉まで轆轤(ろくろ)技術が伝わり、湯治
客への直売も行われました。

さらに蒔絵の技術も加わり漆器の特産地としての地位を固めま
した。

明治になると海外へ輸出するようにもなりました。

その後、山中漆器は問屋制度により急速に発展しました。

            いい花さがそ 夢さがそ 北陸山中温泉より

コメント

[コメント記入欄はこちら]

■ クール!優秀なポスト、・・・

クール!優秀なポスト、うまくキープ!
192.168.1.1 | 2017-08-01 18:12 |

■ 交通と貿易の技術革新が・・・

交通と貿易の技術革新が職人に利用できるより多くのエキゾチックな森を作ったまでは歴史的に、木工は、その地域に自生林に依拠。
Consultant seo | 2016-12-06 02:28 |

■ 交通と貿易の技術革新が・・・

交通と貿易の技術革新が職人に利用できるより多くのエキゾチックな森を作ったまでは歴史的に、木工は、その地域に自生林に依拠。
dissertation editor | 2014-07-23 19:49 |
名前:
URL:
コメント:
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blog.shopserve.jp/cgi-bin/tb.pl?bid=100008540&eid=14